Arch Museum ときたま B'z

「Freedom Train 」から読み解く本当の自由とは

こんにちは、中の谷のナウシカです。

 

自由って何だろうって最近よく考えてます 。

自由と言ったらB'zのこの曲

 

「Freedom Train 」

 

 

稲葉さんにとって自由って何なのか、深くどっぷり読み込んでいきます!

 

フレーズごとに見ていきますね。

 

すべて思いどおりになるのが自由

そんな誤解してるから 簡単にうろたえる

 

多くの人が考える自由とは、束縛からの解放だと思います。

でもそれは誤解なんです。

では自由って何なんだ?

 

さぁまた出発の時間だ どうする?

 

自由へと向かう列車がやってきました。

乗る?乗らない?そもそもどこへ行きたい?

 

考え込んだって構わない 君の自由

行き先を選ぶこと それは君の責務

 

あーしたい、こーしたい、自分で考えを巡らす分には全然構いません。

でも人はその選択肢のなかから向かっていく道を自分で選ばなければならない。

あれやってみたいなではなく、あれをするんだという決意を持たなければならない。

自由へ向かう一歩目には決意が必要です

今の僕に突き刺さる言葉です。

考えるだけでは何も進展しません。決意を持つという責務を果たさなければ。

 

 引き返さない 急に止まれない

We're on the freedom train 心決めたら

純な想いだけ 燃やしながら

You're on the freedom train 終点だけめざす

 

一度やると決めたら後はただやり抜くだけ。

ここが難しいんですよね。難しいって分かってる。

でもやり続けるしかないんです。やり続ける原動力は想いだけ。

この想いを燃料にすることでFreedom Train は走っているのです。

自由への二歩目は継続。

 

 あれもこれもって そんなのどっちつかず

We're on the freedom train みんな逃げてくよ

恨んじゃいけない 妬んじゃいけない

You're on the freedom train 潔く走れ

 

やっぱりあっちのがいいかな、あの人はやれてるのに私にはできない、

周りと比べてもしょうがない。自分の道を突き進むだけ。その先に自由が待ってるんだから。

「パーフェクトライフ」にもありましたね。アルバム『ACTION 』にはこの手のメッセージがたくさん込められてますし、稲葉さんは一貫して自由とは何かを問い続けています。

B'z自身が自分達の音楽をひたすら作り続けてる姿勢を見ると説得力増し増しです。

 

幸せはどこにも落ちていない

We're on the freedom train 自分の中にある

選んだレールの上にしかないもの

You're on the freedom train それこそが自由

 

最後に自由について述べられています。

「それ」が指すものは、「選んだレールの上にしかないもの」だけど、僕はこれを

「自分で進むと決めた道をがむしゃらに突き進むことで見えてくる景色」

と解釈してます。

 

「Freedom Train 」と言えば途中に稲葉さんがこんなセリフを叫びます。

 

みなさん!何かにつけて自由自由っていいますけど

別に自由はあなただけのものでも、楽なものでもありませんよ!

自由への道は時としてつらく、寂しく、そして険しいのです!

 

このセリフが全てを物語っていると思います。

つらく、寂しく、険しい道のりを乗り越えた先に見えてくるものが自由。

自由を手に入れるには並大抵の努力ではできない。

 

 

B'zのボーカルの稲葉さんだからこそこの感覚に行き着いたのかなぁと思うとますます尊敬というか、もはや拝みたいです!

 

 

僕はよくどんなことでも良いからトップになりたいって思うんですけど

これって要は自由になりたいってことだったんだな

 

みなさんは自由を手にいれていますか?

 

 

自由関連で「自由の代償」も考察してみたいですね!

 

ではまた(*・ω・)ノ